リョウのブログ | 名古屋在住の20代男です。革靴、革製品、ファッションについて色々書いていこうと思います。お気軽にコメントよろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by リョウ on  | 

足のサイズ云々

こんばんわ。
先日、メモ書き程度に残していた足のサイズについてです。

僕は革靴を初めて買った時から9 1/2Dだとずっと思っていました。
それまでのスニーカーも27.5cmばかりだったし。

事の始まりは、1件のヴィンテージショップ。
僕は連れて行ってもらったんですが、名古屋では、いや、全国でもかなり有名な所だったよう。

店に入ると、30年代~70年代までのデッドストックがずらり。
靴だけでなく、古着もデッドばかり。

そんな商品たちに圧倒されていると
「何かお探しですか?」

「ええ、革靴が好きなんです。オススメは?」

「そうだねぇ・・・そんなことより、君、靴のサイズ大きくないかい?
履き皺が綺麗に入っていない。 サイズを測ってみよう。」

そそくさと靴を脱ぎ、機械の上に足を乗せる。

「右が8 1/2C
左が9 C だね」
幅細いねー、と感心され、すぐに8 1/2Cの靴を用意してくれました。

履いてみると、今までにないフィット感。
どこも余らず、モディファイドラストの絞ってある靴だったので、土踏まずにピタッとくる感じも◎

「どう?適性サイズを履くと気持ちいいだろ?」

オーナーの言うとおり。本当に気持ちが良かった。
ここで困ったのが、今まで集めてきた靴達。
ほぼ9~10Dくらいばかり。
良い勉強になったけど、自分の適性サイズに出会うまでの勉強代が高かったな(笑)

ここは革製品や、アクセサリーのオーダーもやっており、レジ周りには沢山のリング、財布、小銭入れが置いてあった。
僕は丁度小銭入れを買い換えたかったので、小銭入れの話をしているとオーナーがおもむろに「これなんかいいんじゃない?」

1450690679336.jpg

と出してきたのがこちら。

革がしっとりと柔らかく、少し光沢のあるカーフ。
「数回使ったから、買うなら〇〇(超破格)円でいいよ(笑)」

「ほんとですか?!」

中を開いてみると

1_2015122223122236c.jpeg

英国、エッティンガー。

「買います。」と即答して買ってきました。

_20151221_220104.jpg

2つ並べてみると、ややテンションに違いはあるものの、違和感はそこまで感じない。
なんだか、また1歩大人に近づいたような…。
ガンゾもエッティンガーもガンガン使って、自分の味を出していこう。

それにしても、クオリティ、量もすばらしいお店が名古屋にあったとは。
これから通いつめてしまいそうです。

スポンサーサイト
Category : 雑記
Posted by リョウ on  | 2 comments 

足のサイズ

メモ書き程度で申し訳ないですが、足のサイズがちがっておりました。
先日、機械で測ってもらったところ、右8 1/2C,左9 1/2C(9寄り)という事でした。

9 1/2Dが適正だと思っていましたが、かなり違っておりました。

また詳細に付いては、帰宅後、記事にしようと思います。

Category : 未分類
Posted by リョウ on  | 0 comments 

How Natural? チャッカブーツ

お久しぶりです。
初めてこんなに更新が滞ってしまいました。

滞った原因は…

こいつと
写真

こいつ。
12187881_680041128797102_5192503965534542887_n.jpg

テニスとロードバイクを初めてしまい、休みの日はたいていどちらかに時間を使っており、更新が後回しになってしまいました。

ではでは、言い訳はこれくらいにして買った商品を。

How Natural?という日本のブランドのチャッカブーツです。
2000年に設立されたブランドで、シンプルで綺麗なシルエットをコンセプトにしているようです。

12226944_682526475215234_8467814877917856543_n.jpg

12219477_682526491881899_343653763341105829_n.jpg

なぜチャッカブーツを買ったのかというと、以前まで履いていたツモリチサトのチャッカブーツがヘタってきてしまったからです。
ラバーソールで丈夫だったので、雨の日も頻繁に履いていました。
これからも履きますが、4年位もってくれたので第一線からは後退させてもよさそうです。

12096351_682526501881898_3736645298240358963_n.jpg

カラーはバーガンディ。仕事以外でならスーツに合わせてもいいかも。ジーンズや黒パンツには相性バッチリかと。
アイレットは2つです。足首周りからグルっと1周ブローグが入っており、ドレス感が上がっているのもポイントです。
アッパーはかなり綺麗でクラックも無いです。
分厚いですが、柔らかく履きごこちが良いです。

12241185_682526518548563_9121112539549315403_n.jpg

アウトソールはレザーに見えて、ラバーソールです。
買う時はレザーかと思っていましたが、家に帰ってしっかり見ると「あれ、ラバーだ」ってなりました(笑)
つま先だけ色を変えて、レザーとラバーのコンビのように見せており、こだわりを感じます。

12249723_682526528548562_8531848407022830476_n.jpg

トップリフトは少し削れているので、1シーズン後には交換してもいいかもしれません。

にしても日本のブランドも良いな~、もちろんチャーチやクロケットのもチャッカもいいんですが、いかんせん手が出しにくい。
こうやって日本ブランドを開拓していくのも楽しいです。

靴自体を買うのは2ヶ月ぶりくらいです。
やっぱり定期的に買わないといけないですね~。
購入させて頂いたのはmoraleさん
いつも良い靴と出会わせてくださるので感謝です。

Category : ブーツ
Posted by リョウ on  | 2 comments 

J&Mと「知多」

こんばんわ。
気づけば9月も中旬になっていました、1ヶ月過ぎるのが早いです。
FC2ブログでは1ヶ月更新していないと広告が出るので、広告が出たら「さすがに更新しなければ」となるのです(笑)

まずはJ&Mのお話から。
結論から話しましと、「ひび割れ」です。
届いた時から少しひびが入っており、なるべく広がらないようにと気にしてきたつもりではあったのですが、広がってきてしまいました。

こんな感じです。
2.jpeg

曲げた状態
1.jpeg

一度割れてしまうと戻らないと思うので、名残惜しいですが履く頻度を下げてコレクションとして保存していきましょうか…。
となると1足買い足さなければならないので、どこに手をだそうか…。
個人的に気になっているのは、アレンエドモンズとフレンチシュライナーです。
またebayやセカイモンに張り付く日々が続きそうです(笑)


話は変わりますが、ウイスキーのお話をさせて下さい。
僕はお酒の中ではウイスキーが1番好きです。
熟成年や生産地で味が変わるのが面白いです。
ワインも同じような特徴を持っていますが、味がウイスキーの方が好きです。

今回紹介するのは、「知多」というサントリーから9月1日に発売されたものです。

写真

サントリーというと、オールド(だるま)や山崎、白州が有名ではないかと思います。
今回発売された「知多」は山崎や白州と同じく、蒸溜所の名前のついた3つ目のウイスキーです。
今まで知多蒸溜所というのは「知多蒸溜所グレーン」(以下グレーン)というウイスキーを作っていました。
グレーンは12年熟成で、非常にまろやかで香りが良くコクのあるウイスキーです。(店頭販売は愛知県でも限られたお店でしか取り扱いがないので、愛知に住んでいても知らない人、見かけたことのない人の方が多いくらいです)
そんな知多蒸溜所から新しいウイスキーが発売されるという事で情報が解禁された7月から早く早くと待っていました。

DSC_1687.jpeg

「知多」のコンセプトとして、若い世代の取り込みを目的としているようで、あっさりとしているという情報がありました。
実際に飲んでみると、確かにあっさり、だけど口当たりや香りの広がり方はグレーンに似ているな、という印象でした。
かなりあっさりなので、ロックや水割りよりもストレートに向いていると思います。
チラッと写っていますが知多を初めに飲んだ日のツマミは手羽元の唐揚げでした(笑)
ウイスキーは意外と揚げ物に合うので、美味しく頂く事ができました。

DSC_1685.jpeg

今、僕の家にあるウイスキーは知多、白州、バランタインファイネストの3種類です。
この中だと白州が一番好きです。フルーティーな香りが僕の好みと合っています。
国産のウイスキーをメインに飲んできましたが、バランタインを皮切りに海外のウイスキーにも挑戦しています。
元々、スコットランドやあちらのお酒ですし、海外産の方が種類も沢山ありますしね。
まずは手に入りやすい、マッカラン12年、ボウモア、タリスカー、ブラックアンドホワイト、ラフロイグなんかを攻めていきたい所です。
知っている美味しいウイスキーがあれば教えて下さい。

Category : Johnston & Murphy
Posted by リョウ on  | 7 comments 

修理から帰ってきました。

こんばんわ。
BONTAさんに出していたBassが帰ってきました。
先週の木曜に出して、今日到着です。そうとう早いんじゃないでしょうか。

まずはトゥから。
削れていた部分に新しい革をつけてもらって、すり合わせ。
トゥだけでなく、コバは全て塗り直しがされています。丁寧です。
そこにヴィンテージスチールの装着。

DSC_1665.jpg

ハーフラバーはビブラムです。
あまり見覚えのないハーフラバーです。
接着剤だけではなく化粧釘も打ってくれているのが嬉しいポイントです。

DSC_1660.jpg

カカトの所には僕からお願いして釘を打ってもらいました。
ここから雨や汚れなんかが入るのが嫌でして。
トップリフトも綺麗に研磨してあり、ツルツルです。

DSC_1666.jpg

では、ハトメの修理についてです。

DSC_1663.jpg

見た目は驚くほど変わっていません。
もし外ハトメにしていたら相当変わっていたと思うので、非常にありがたいです。

内側から見ると

DSC_1661.jpg

このように革があてられ、補強してあります。
ハトメ部分を触ってみると、やや硬い触り心地がします。
これがガラス繊維の樹脂を取り付けたということなのでしょう。
充てる革もライニングの色と同色にしてくれているのが良いです。

この元からついているBassのライニングの革は何の革なんでしょう・・・柔らかくシワが沢山入っています。
つま先までフルで革が貼ってあるのが良いですね~、クオリティ高いです。
僕の持っている靴では、つま先まで張ってあるのはJ&Mアリストクラフトだけです。

修理については完成度が高く、全てにおいて丁寧でした。

今回の修理費は

トゥ擦り合わせ 700円
ヴィンテージスチール 1700円
ハーフラバー 1900円
ハトメ修理 3000円
合計7300円(税抜き)

となりました。

大満足です。
これでこの靴が永く履けます・・・・。

バーガンディーのフローシャイムや、J&Mもハーフラバーとヴィンテージスチールの装着の依頼を出そうかな・・・。

Category : G.H.Baas
Posted by リョウ on  | 2 comments 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。