リョウのブログ | 名古屋在住の20代男です。革靴、革製品、ファッションについて色々書いていこうと思います。お気軽にコメントよろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by リョウ on  | 

How Natural? チャッカブーツ

お久しぶりです。
初めてこんなに更新が滞ってしまいました。

滞った原因は…

こいつと
写真

こいつ。
12187881_680041128797102_5192503965534542887_n.jpg

テニスとロードバイクを初めてしまい、休みの日はたいていどちらかに時間を使っており、更新が後回しになってしまいました。

ではでは、言い訳はこれくらいにして買った商品を。

How Natural?という日本のブランドのチャッカブーツです。
2000年に設立されたブランドで、シンプルで綺麗なシルエットをコンセプトにしているようです。

12226944_682526475215234_8467814877917856543_n.jpg

12219477_682526491881899_343653763341105829_n.jpg

なぜチャッカブーツを買ったのかというと、以前まで履いていたツモリチサトのチャッカブーツがヘタってきてしまったからです。
ラバーソールで丈夫だったので、雨の日も頻繁に履いていました。
これからも履きますが、4年位もってくれたので第一線からは後退させてもよさそうです。

12096351_682526501881898_3736645298240358963_n.jpg

カラーはバーガンディ。仕事以外でならスーツに合わせてもいいかも。ジーンズや黒パンツには相性バッチリかと。
アイレットは2つです。足首周りからグルっと1周ブローグが入っており、ドレス感が上がっているのもポイントです。
アッパーはかなり綺麗でクラックも無いです。
分厚いですが、柔らかく履きごこちが良いです。

12241185_682526518548563_9121112539549315403_n.jpg

アウトソールはレザーに見えて、ラバーソールです。
買う時はレザーかと思っていましたが、家に帰ってしっかり見ると「あれ、ラバーだ」ってなりました(笑)
つま先だけ色を変えて、レザーとラバーのコンビのように見せており、こだわりを感じます。

12249723_682526528548562_8531848407022830476_n.jpg

トップリフトは少し削れているので、1シーズン後には交換してもいいかもしれません。

にしても日本のブランドも良いな~、もちろんチャーチやクロケットのもチャッカもいいんですが、いかんせん手が出しにくい。
こうやって日本ブランドを開拓していくのも楽しいです。

靴自体を買うのは2ヶ月ぶりくらいです。
やっぱり定期的に買わないといけないですね~。
購入させて頂いたのはmoraleさん
いつも良い靴と出会わせてくださるので感謝です。

スポンサーサイト
Category : ブーツ
Posted by リョウ on  | 2 comments 

TSUMORI CHISATO チャッカブーツ

shoplogo.jpg

今回はツモリチサトのチャッカブーツを紹介します。
もっと早く紹介したかったのですが、後回しになってしまいました。

まず、ツモリチサトとは、日本のファッションデザイナーの津森千里が1990年に立ち上げたファッションブランドです。主に成人女性を対象とし、モードブランドとしてパリコレクションに商品を出展している。販売代理店はイッセイミヤケ系列のA-net(エイ・ネット)です。これは元々津森千里がイッセイミヤケでデザイナーとして働いていた事からの繋がりです。
ブランドコンセプトは、「デザイナー津森千里が好きなもの、興味のある事を、自由な発想で素直に表現したブランド。ガーリーでセクシー、大人のためのファンタジーがあふれる、ハッピーなテイストを提案していきます」。とコンセプトにあるように個性的なデザインや配色の物が多いです。



では、靴の紹介をします。
DSC_0954.jpg
ウイングチップでセミブローグとなっており、メダリオンも入っていないのでドレス過ぎずカジュアル過ぎずという感じです。
革が持っている靴の中で一番柔らかく、履いていて痛い思いをした事は一度もありません。

DSC_0957.jpg
チャッカブーツではあまり見ない、4アイレットなのでホールド感も良いです。

DSC_0956.jpg

ソールはラバーソールで、クレープソールよりも硬い印象です。クレープソールよりも減りが遅く、約2年履いていますが、踵は6割くらい残っています。

DSC_0955_2015022422175674e.jpg

踵の配色が緑で、茶・焦げ茶・緑の配色になっています。
この配色が女性に刺さるようで、僕の持っている靴の中で一番女性から「その靴、可愛い!」と言われます(笑)

この靴は名古屋のKindで購入しました。名古屋のKindは革靴の取り扱いが豊富で、変わったものもよく見かけます。
例えば、別注のTrickersでプレーントゥのドレスシューズがあったり(サイズが7だったので見逃しました・・・・)。
以前の記事でも書いたように、名古屋では良い古靴と出会える場が無いので、このKindは個人的に重宝しています。

以前まではメインシューズとして活躍してきた靴ですが、所有する靴も増え、最近では雨靴になっています。
しっかりと防水スプレーを振って履いています。革も丈夫なのでしょうか、かなり雑に使ってもくたびれてきません。
最近、雨の日が続きコイツばかり履いていたので紹介しようと思いました。

次はセカイモン経由で購入した「J&Mの悲劇!?」について書こうと思います。

Category : ブーツ
Posted by リョウ on  | 0 comments 

to boot new york サイドジップブーツ

to-boot-4.jpg

今日は久しぶりに京都のmoraleさんで買い物をしてきました!
DSC_0937.jpg
ドレスシューズが多かった僕にとっては新鮮なサイドジップブーツです。
to boot new yorkというブランドで、日本にはあまり入って来ないのでご存知ない方が多いかもしれませんが、米国では高級ブティックに入っているような高級ブランドのようです。定価はだいたい450~500ドルくらいの価格帯です。

DSC_0940.jpg
色はダークブラウン

DSC_0943.jpg
アウトソールはトゥがレザーとラバーのミックスとなっています。
ラバーソールという事でグリップ力もあり、歩きやすく、レザーソールに疲れた時なんかにも履けます(笑)
ヒールがやや減っているので、少ししたら交換しようと思います。ヒール交換の費用を入れてもリーズナブルな価格でした。

DSC_0946_201502272310239a3.jpg

DSC_0947_20150227231023d9b.jpg

アメリカのメーカーですが、全てイタリア製となっており、イタリア靴のような色気とアメ靴の無骨さも持ちあわせています。
ややスクエアトゥなので、ドレッシーになりすぎること無く、カジュアルに合わせる事が出来るのも嬉しいですね。
そうそう、製法はハンドソーンかも・・・とオーナーさんが言っていたので時間がある時にじっくり見てみようと思います。

DSC_0949_20150227231039def.jpg

ジーンズと合わせて見ました。
フラッシュを点けて撮っているので色合いが微妙ですが、実際に見ると結構合ってます。

最近、買う服もイタリア製が増えてきています。
どうも、イタリア製、イングランド製・・・辺に弱いです(笑)
ついつい財布の紐が緩んでしまいます・・・・。

今回は簡単ですが、この辺りで。

Category : ブーツ
Posted by リョウ on  | 8 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。