リョウのブログ | 名古屋在住の20代男です。革靴、革製品、ファッションについて色々書いていこうと思います。お気軽にコメントよろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by リョウ on  | 

修理から帰ってきました。

こんばんわ。
BONTAさんに出していたBassが帰ってきました。
先週の木曜に出して、今日到着です。そうとう早いんじゃないでしょうか。

まずはトゥから。
削れていた部分に新しい革をつけてもらって、すり合わせ。
トゥだけでなく、コバは全て塗り直しがされています。丁寧です。
そこにヴィンテージスチールの装着。

DSC_1665.jpg

ハーフラバーはビブラムです。
あまり見覚えのないハーフラバーです。
接着剤だけではなく化粧釘も打ってくれているのが嬉しいポイントです。

DSC_1660.jpg

カカトの所には僕からお願いして釘を打ってもらいました。
ここから雨や汚れなんかが入るのが嫌でして。
トップリフトも綺麗に研磨してあり、ツルツルです。

DSC_1666.jpg

では、ハトメの修理についてです。

DSC_1663.jpg

見た目は驚くほど変わっていません。
もし外ハトメにしていたら相当変わっていたと思うので、非常にありがたいです。

内側から見ると

DSC_1661.jpg

このように革があてられ、補強してあります。
ハトメ部分を触ってみると、やや硬い触り心地がします。
これがガラス繊維の樹脂を取り付けたということなのでしょう。
充てる革もライニングの色と同色にしてくれているのが良いです。

この元からついているBassのライニングの革は何の革なんでしょう・・・柔らかくシワが沢山入っています。
つま先までフルで革が貼ってあるのが良いですね~、クオリティ高いです。
僕の持っている靴では、つま先まで張ってあるのはJ&Mアリストクラフトだけです。

修理については完成度が高く、全てにおいて丁寧でした。

今回の修理費は

トゥ擦り合わせ 700円
ヴィンテージスチール 1700円
ハーフラバー 1900円
ハトメ修理 3000円
合計7300円(税抜き)

となりました。

大満足です。
これでこの靴が永く履けます・・・・。

バーガンディーのフローシャイムや、J&Mもハーフラバーとヴィンテージスチールの装着の依頼を出そうかな・・・。

スポンサーサイト
Category : G.H.Baas
Posted by リョウ on  | 2 comments 

初めての修理。

こんばんわ。

先日、初めて靴を修理に出しました。
修理に出したのは連休に買ったBass。


アウトソールとヒールにチップがついていたのですが、プラスチック製だったのでボロボロと割れてしまいました。
ヴィンテージだったので、硬化していたのでしょう。



このままでは歩きにくかったので、チップを取ってみるとトゥの削れがある事に気づきました。
いい機会だし、トゥスチールを着けよう!気に入ってるから長く履きたいし、マッケイでオールソールは何回も出来ないからハーフラバーも貼ってしまおうということで、トゥスチールの装着とハーフラバーを貼る事にしました。


修理を依頼したのは大阪にあるBONTAというお店(以前、なおけんたさんに教えて頂きました)。
メールでの問い合わせをし、作業工程と料金の確認。
追加でアイレットの補強もして頂きました。
Bassのアイレットにはハトメがついておらず、アッパーに裂けが生じている所もありました。
ドレスシューズなので、デザインを替えたくない…ハトメは内側だけにして頂けないですか、と言ったところ、ハトメを付けるのではなく、ハトメ周りにガラス繊維の補強芯を入れ、薄い革で覆うという方法がある。との事で、そちらでお願いしました。
デザインを損なわず、アイレットの補強が出来るようです。
素人ではハトメをつけるか、つけないかくらいしか浮かびませんが、プロは流石です。

ハーフラバーとトゥスチールは出来上がっているようなので、アイレット周りを直してもらい、週明けに僕の元へ戻って来るそうです。

パワーアップして、綺麗になって帰ってくるBassはどんな姿になっているのでしょうか…。



特にこのアウトソールがどう変化しているのか楽しみです。

Category : G.H.Baas
Posted by リョウ on  | 2 comments 

Made in Italy G.H.ass ~Leapにて~

おはようございます。
朝に更新できるのは良いですね。朝から頭が革靴モードになります。

先日のWrightをmoraleさんで買う前に、moraleさんのオーナーが立ち上げた「LEAP」にも寄らせてもらいました。
ヴィンテージ靴がメインとなっており、moraleの靴とは違う雰囲気のものが置いてあります。

その中でも異彩を放っていたのがこのイタリア製のBass。

DSC_1521.jpg

DSC_1524.jpg

黒のウイングチップは持っていなかったので、これで黒、茶、バーガンディと揃いました。
トゥと踵部分はガラスレザーを使っており、磨くとかなり光ります。
他の部分はスムースレザーのようです。
非常に柔らかく足馴染みが抜群です。

DSC_1522.jpg

サイズは9 1/2Dでマイサイズ。
内羽根なので、やや小さいかな?と思いましたが、ジャストサイズでした。

DSC_1523.jpg

で、この靴実ははマッケイなんです!
Bassなのにマッケイ!?初めて見ました。
だからこんなにもすっきりしていて、上品な雰囲気がプンプンするんですね・・・・。
マッケイの靴を持つのは初めてですが、ハマってしまいそうです。

DSC_1525.jpg

ソールはレザーソール。
初めからチップがついており、ガンガン履けそうです。

DSC_1526.jpg

今回は2足とも最高品質のものを手に入れることができました。
やっぱり革靴は京都で買うに限ります(笑)


Category : G.H.Baas
Posted by リョウ on  | 2 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。