リョウのブログ | 名古屋在住の20代男です。革靴、革製品、ファッションについて色々書いていこうと思います。お気軽にコメントよろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by リョウ on  | 

2足のFlorsheim

現在、僕が持っているFlorsheimはこの2足。

バーガンディのウイングチップが70’s
黒のストレートチップが現行(90’s~くらいかと)

IMG_0902.jpg

まずは70’sのウイングチップの方から。

IMG_0927.jpg

IMG_0923.jpg

IMG_0924.jpg

6アイレットというのは少し珍しい形。アイレットが多いとホールド感が上がっていいですね。
ライニングは「629430 I I」から78年、9月に作られた物と考えられます。
レザーソール使用で、トップリフトもオリジナルの物がついています。
この靴にはグリセリン保湿を施しました。いつも読んでいる靴ブログで「グリセリン保湿」を取り上げており、古靴には効くと言われていたので、やってみました。

Bfore
10734127_520317234769493_4186487892027498823_n.jpg

1464688_520317244769492_5567759330293081592_n.jpg

After
10547668_524046031063280_7810305824426819236_n.jpg

少々分かりにくいですが、かなり革にハリが出て、もっちりとした質感になり、より履きやすくなりました。

このFlorsheimを購入する時に、Crockett&JonesやBOSTONIANも履かせてもらったんですが、Florsheimのラストがぴったりなのか踵のホールド感や履き心地が抜群だったのでFlorsheimに決めました。


2足目の黒のストレートチップ
こちらは現行モデルとなっており、来年から社会人なので、ストレートチップは必要だな・・・と思っていた所に綺麗なFlorsheimがあったので購入しました。

IMG_0912.jpg

IMG_0920.jpg

IMG_0921.jpg

ソールがレザーとラバーが使われており、仕事でガンガン履いても大丈夫なのかなと。
バーガンディの方はワイズがDなのに対して、こちらは3Eとなっており、ゆったりとした履き心地となっています。
ストレートチップはインド製ですがおそらく初期の物なので革質はギリギリ大丈夫なレベルです。
コレクションやプライベートで履くのではなく、あくまで仕事用なのでインド製でもいいかなと(そんなに高くもなかったですし・・・)。
Florsheimはアメリカ製からインド製に変わり60’sや70’sのインペリアルの面影が無くなるほど革質がガツンと落ち込んだと聞いています。
僕の持っているレギュラーラインのバーガンディと比較しても質に違いがあるのに、インペリアルと比べたら・・・・。

Florsheimとはラストも合っていて、非常に履きやすいブランドなので、これから3足、4足と増えていくと思います。
写真が今回は多めとなってしまいました。見づらくて申し訳ありません。

スポンサーサイト
Category : Florsheim
Posted by リョウ on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。