リョウのブログ | 名古屋在住の20代男です。革靴、革製品、ファッションについて色々書いていこうと思います。お気軽にコメントよろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by リョウ on  | 

JOHNSTON & MURPHY ARISTOCRAFT 届く

アメリカからJ&Mが届きました。
5.jpeg

JOHNSTON & MURPHY ARISTOCRAFT プレーントゥ
444.jpeg

箱を開けた時の印象は「き、汚い・・・。」
なおけんたさんのマスタークラスChurch's(勝手に引用してごめんなさい)程ではないですが、全体的に埃っぽいし、靴下を履いて一度履いたら靴下が真っ白に。特にタン部分が異常に汚い。靴紐がタッセルで靴紐を取って掃除が出来ないので、汚くなるのは分かりますがそれにしても汚い。

掃除前に全体を。
233.jpeg

333.jpeg
インナープリントは派手なアリストのプリント。

132.jpeg
踵はドッグテイル。高級靴でよく見るような気がします。

7.jpeg
サイズは9 E/C コンビネーションラストです。
僕のジャストは9 1/2Dですが、ウィズをEにしたのでジャストでした。

そして掃除ですが、中は雑巾で拭いて、アッパーはステインリムーバーで掃除しました。
今はグリセリン保湿をして、乾燥中です。

6.jpeg
前のオーナーはあまりケアをしていなかったのでしょうか、グリセリンをガンガン吸います。1時間程しか乾かしていませんが、かなり吸ってアッパーがもっちりとしてきました。
明日まで乾かして、デリケートクリーム→サフィールノワールクレムでケアしたいと思います。
きっとサフィールによって元の輝きを取り戻すことでしょう・・・。

靴紐を取ってしまったので、NEXTFOCUSに行って買ってきます。
タッセルが付いているとドレス寄りになってしまうので、買うときから取って普通の靴紐に変えようと思っていました。
よくよく靴紐を見ると千切れそうにもなっていたので、取ってしまって良かったです。

履いてみた感想ですが、J&Mの革は厚すぎず、足へのフィット感が抜群です。コンビネーションラストとなっており、踵がCウィズなのでホールド感が良いです。コバの張り出しも少なく、スッキリとした印象です。


今回かかった費用は
<1次決済合計金額>
商品総額         :US21.99ドル(2,615円)
セカイモン手数料総額 :US4.20ドル(500円)
米国内送料       :US15.50ドル(1,843円)
<2次決済金額>
国際配送料       :2,957円
関税            :4,300円
消費税          :500円
合計:12,714円

どうしても関税の4300円が痛いですね。こればかりはしょうがないんですが・・・。
初めてのセカイモンでの買い物とJ&Mアリストでした。

ふと思ったのですが、J&Mでもフローシャイムのように年代判別ができるのでしょうか、出来れば年代判別をしたいので詳しい方がいれば教えていただきたいです。

スポンサーサイト
Category : Johnston & Murphy
Posted by リョウ on  | 4 comments 

G.H.Bass

G.H.Bassと聞くと真っ先に思いつくのがローファーです。

20120718_007347.jpg

Bass=ローファーという方程式が靴好きの方中では出来上がっていると思います。
僕も1足は持っておきたいです。











しかし、皆さんの期待を裏切って『G.H.Bass製のジーンズ』を紹介します。
DSC_0872.jpg

全体はこんな感じ。一見、特に書くこともなさそうなストレートのジーンズ。

DSC_0873.jpg

製造国はニカラグア。ニカラグアってどこ?
無題
ここのようです。中央アメリカでホンジュラス、コスタリカと接しているみたいですね。初めて知りました。
広く見ればアメリカ製なんでしょうか。

ん?ニカラグアが紹介したかっただけ?いやいや、違います。

DSC_0876.jpg

DSC_0877.jpg

このアップの画像を見てください。
ジーンズ特有の「ヒゲ」や「裾のシワ」。
通常は何ヶ月も履きこんでこのヒゲを出すのですが、Bassは新品の状態でこのようになっています。
布を厚くする事でヒゲやシワを表現しています。わざわざこんな手間のかかる事をダメージ加工以外でしているのは初めて見ました。この細かな仕事が記事にしようと思った理由です。

あと、G.HBassジーンズと検索しても日本のサイトだとほとんどヒットしませんし、古着屋を回っても置いているのを見たことがありません。
僕はたまたまいつも革靴を買っている京都のmoraleさんで見つけました。
moraleさんは基本がアメリカでの買い付けで、革靴メインで取り扱っている事から、きっと仕入れたんだと思います。(革靴の知識がなければ、見落としますね、普通。)
靴メーカーで意外と服も作っているメーカーって多いです。
コールハーンも靴をメインにしていますが、今では服も作っていますし・・・・。

そんなこんなでBassのジーンズでした。革靴好きの方は手に入れてみても面白いのではないでしょうか?
僕はBassのローファーを手に入れて下半身G.H.Bassコーディネートがしたいです(笑)

ついでに、1月の中旬に落札したジョンストン&マーフィーがそろそろ届きそうです。(今日、羽田に着いたみたいです。)
楽しみで仕方がありません・・・!

Category : ファッション
Posted by リョウ on  | 5 comments 

10年来の趣味

今回はいつもと違った内容の物を。

僕はファッション・靴に興味を持ち始めたのはここ3~4年の事で、それまではずっとギターばかり弾いてきました。
学校から帰ればギター。塾から帰ればギター。時間があればギター。とギター漬けでした笑
今はファッションであったり、料理であったり様々な趣味が出来、ギターに割く時間は昔より減ってしまいましたが、今でも変わらずに好きです。

では、使ってきたギターを紹介します。

中学1年~中学3年
アリアプロ2 マグナーシリーズ
img_0.jpeg
(実際に使っていたのは灰色の物で、これはグーグルから引っぱてきました。)

これは従兄弟からの貰い物で、ピックアップスイッチが壊れていてリアの音しか出ませんでした。きっと修理すればフロントも出たと思いますが、中学生の僕には「修理」という概念が無くずっとリアのみで使っていました。
この当時は初心者本に載っている曲をコードでコピーしていました。
3年生くらいになってTab譜を使うようになり、ギターソロ等が出来るようになりました。

中学3年~
エピフォン SG
DSC06385.jpg

なんで赤のSGにしたかと言うと、小さい頃から父親の影響でレッドツェッペリンや洋楽(70~80年代ロック)を聞いていました。
ディープ・パープルのリッチーやエリック・クラプトン、サンタナ、Char・・・数々のギタリストがいる中で、ジミー・ペイジがダブルネックのSGで天国への階段を弾いいていた姿が格好よく、印象に残っていたのでSGにしました。
ネックも薄く、ボディも軽かったので非常に弾きやすいギターでした。エフェクターの乗りも良かったです。

レッドツェッペリンやB'zの簡単な曲をコピーしていました。
中学の最後の文化祭でB'zの愛のバクダンをバンドでやったのを思い出します。

高校1年~大学1年の秋
ギブソン レスポールEMG搭載モデル
DSC_0852.jpg

DSC_0855.jpg
これは両親からの高校の入学祝いで貰いました。
中学3年の終わりからB'zにハマり出し、その当時B'zの松本さんはEMG搭載のギターを多く使用していたので何の知識も無くEMGを選びました。
後々考えると、普通のハムバッカーにしておいて、エフェクターで歪を乗せればよかったんですけどね笑。
その頃から「他の人と同じ」というのが嫌だったんでしょう。
この頃は殆どB'zのみでバンドスコアも4冊くらい買ってひたすら練習していました。プレジャー、トレジャー、プレジャー2、モンスターのスコアを練習していました。金銀のスコアは絶版になっていたので、ヤフオクでなんとか手に入れました・・・懐かしいです。
高校2年の文化祭(僕の高校では3年生は文化際に出られなかったので)で、B'zの恋心、RUN、Real Thing Shakesを演奏しました。Real Thing Shakesは2番終わりと曲の最後にギターソロがあるので地獄でした笑

いつからかステッカーを貼るようになり、今ではベタベタと貼りまくっています。
DSC_0857.jpg

大学1年の秋~現在
ESP スナッパー フロイドローズ搭載モデル
1367418964758.jpg

これはビッグボスにふらっと寄ってふらっと持って帰ってきてしまったものです笑
レスポールの重さとEMGピックアップの音に飽きており、良いギターないかなと探して色んな楽器店を長い期間回っていました。
何気なく行ったビッグボスで次のギターを探していると話した時に出てきたのがこれでした。
それまでにフェンダーのカスタムショップ製やトムアンも弾かせてもらいましたが、ESPが自分に一番合っていました。
ローコードを弾いた瞬間に今までのギターとは違うものを感じ、お持ち帰りを決めました。
ESP スナッパーは本当にオールマイティーでジャズからメタルまで幅広く対応してくれます。鳴りもいいですし、いつまでも弾いていられるギターです。
大学に入りロードオブメジャーや9mmを中心とした邦楽ロックをやるようになりました。
激しいライブにも行くようになり、モッシュで怪我をすることもしばしば・・・。

大学1年冬~現在
フェンダージャパン テレキャスター
DSC_0859.jpg
友人から使ってないから無期限で貸してあげるよ。と言われたので、テレキャスの乾いた音もいいなと思い、かれこれ3年以上借りています。
返そうか?と聞いても、まだいいよ。と言われてしまうので聞くことを諦めました。
このギターはライブでは使っていません。あくまで借り物なので、ライブには出したくないんです。
テレキャスターをよくつかっているUNISON SQUARE GARDENは家でこのギターを使ってコピーしていました。

以上が僕の使ってきたギターです。
現在はメインがESPスナッパー、サブがギブソンレスポール&テレキャスターという布陣です。

たまにはファッション以外のことも書けたらいいなと思っています。

Category : 雑記
Posted by リョウ on  | 2 comments 

名古屋 栄にあるNEXT FOCUSに行ってきました。

年末にNEXTFOCUSという靴屋の広告が入っていました。
ABCマートやASBeeのようなスニーカーメインで革靴は少ししか置いていないだろうと広告を見ると・・・


ジョンロブ、チャーチ、エドワード・グリーン、オールデン、クロケット、アルフレッドサージェント、トリッカーズ...et

トレーディングポスト並のブランドがずらりと並んでいるじゃないですか。これはもう行くしか無いと、今日は栄に行く用事があったので寄ってきました。

写真

場所は栄ロフトの裏側で、外観はこんな感じ。まだ出来たばかりなので綺麗です。
1階から4階に分かれており、1階がスニーカー等のカジュアルシューズ、2階がブーツ等、3階がビジネスシューズ&高級靴、4階が28cm以上のビッグサイズ、となっています。
店内もかなり広く、品数も多いので見やすいです。ケア用品はモウブレイやサフィールの定番品が置いてありました。

3階の高級靴コーナーで異彩を放っていたのはジョンロブでした。
一番良い所に置いてありましたし、オーラが格段に違いました。
置いてあったのはシティ2、フィリップ2、ウイリアムがあり、他にも何足か置いてありました。
やっぱりジョンロブは全体的なシルエットが美しいですね、英国靴はサントーニを履いたことがありますがこちらも綺麗でした。英国靴の頂点に君臨する理由が少し分かったような気がしました。

あと、NEXTFOCUSでもオリジナルのシューズを作っていましたが、トレーディングポストのオリジナルにはやはり敵いませんでした。革質、細かいところの作り込みがイマイチな印象でした(ただ、値段はトレーディングポストの物に比べると1万円程下がります)。

名古屋には革靴に出会える場所が少なく、古着屋さんに行っても状態のいい物はあまり無いなぁという印象でした。
1度だけ、大須のFeeetさんで旧チャーチを発見した事があります。Aウィズだったので見逃しましたが。
なので、百貨店やトレーディングポスト以外で様々なブランドを見ることができるNEXTFOCUSはかなり貴重な存在だと思います。NEXTFOCUSから名古屋に革靴が広まる事を祈っています。

最後に、今メインで履いているバーガンディのフローシャイムのトゥが擦れてきたのでトゥスチールを付けようと思いリペアショップの方に聞いたのですが、「新品以外にトゥスチールを付ける事は出来ない。」と言われました。
たまたま話を聞いたリペアショップが出来ないのか、知っている方がいれば教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

Category : 雑記
Posted by リョウ on  | 10 comments 

Johnston & Murphy ARISTORAFT

Johnston & MurphyのARISTORAFTを購入しました。
セカイモンで昨日落札したので、まだ手元にはありませんが届くのが楽しみです。
1.jpeg

2.jpeg

3.jpeg

4.jpeg

黒のプレーントゥ。シューレースがタッセルなのも面白いですね。やや汚れていますが、アリストだしちゃんと手入れしてあげれば蘇るだろうという期待を込めて・・・。
トップリフトは9割ほど残っていますが、レザーソールが画像を見た所、ギリギリな感じだったので届いたらすぐにハーフラバーを貼ることになるかもしれません。
インナープリントもバッチリ派手で、型押しや現行品でもありません。

自分への誕生日プレゼントのつもりで買ったので届くのが待ち遠しいです。
誕生日プレゼントにしては20$という破格の安さでしたが(笑)
格安でアリストを手に入れられたので良しとしましょう。

Category : Johnston & Murphy
Posted by リョウ on  | 0 comments 

モヘアニット

年末に購入したモヘアニットのクオリティが高かったので紹介を。
モヘアニットは今年流行っており、セレショでもよく見かけます。

写真
ブランド名はよくわかりませんが、モヘアが65%でセレショの倍以上入っています。
そして嬉しいイタリア製。
写真2
全体はMA-1のように丸っこい形でゆったり着れます。
ニットなのでMA-1のようにミリタリー色が無く、様々なスタイルに対応出来そうなのも◎。
裏地が付いているので、これ1枚でもかなりの防寒性があります。

写真4
前面と背面の1部分がスウェードの切り返しとなっており、ニットには珍しくポケットの向きが上ではなく横についています。

写真3
袖、前面、背面の織り方も違い、非常に拘った作りとなっているのも特徴です。

ここまで凝った作りなので、おそらくバブル時代に作られたのだと購入した京都のmoraleさんも言っていました。
7000円くらいで購入したのですが、今これだけモヘアを入れると2~3万を越えてしまうのではないでしょうか・・・?
そういう時代背景も考えるれるのは面白いですよね。古い服や靴はそういう事が考えられるので楽しいです。

Category : ファッション
Posted by リョウ on  | 0 comments 

財布について~小銭入れ~

今回は小銭入れの紹介を。

新品状態

新品2

柄は五線譜で、中は赤、茶、黒、緑と配色もポップな感じ。
ブランドはクアトロガッツ( http://quatrogats.com/ )という所で、知名度はまだまだ低い・・・。被ったことは無いし、僕以外で使っている人を見たことが無い。
店舗での販売は無く、東急ハンズや個人の雑貨屋で取り扱っているそう。東急ハンズでは見かけた事がありませんが。
僕はフリーマーケットにたまたま出店していたのを見て、かなり便利そうだな~と思って調べて購入しようと思いました。

DSC_0832.jpg

革は栃木レザーのヌメ革を使っており、職人がハンドメイドで作っているので、非常に質が高い。
このブランドは「小さいふ」というコンセプトで作っており、大きい長財布や二つ折りの財布は作っていない。
タイトルに小銭入れとありますが、オールインワンでお札も入るので、ちょっとした買い物ならこれ1つで事足りる。
カードも2枚入るし、お札も3枚くらい入る。小銭は10枚~20枚くらいと結構入れる事が出来る。

ちなみにこれは2年前の誕生日プレゼントで貰って、今はかなり味が出ていい感じになっている。

DSC_0829.jpg

毎日使っているので、2年でここまで艶が出た。
革もかなり柔らかくなって使いやすくなったし、どこも糸のほつれもない。
本当に丈夫に作ってある。MADE IN JAPANの商品は質が高い(最近こんな事ばかり言ってますね)。

送られてきた封筒も凝っていて非常に好感が持てる。
切手も可愛いし、スタンプもハンドメイドインジャパン,何故かサグラダファミリアが押してある(笑)
写真

他にもレザー文具やアクセサリーも売っているので、買ってみても面白いかもしれない。
かさばらない財布やカードが少し入るような小銭入れを探している方がいれば、かなりオススメのブランドです。是非。

Category : 財布
Posted by リョウ on  | 0 comments 

キップレザー ショルダーバッグ

昨日、最後に少しだけ登場した誕生日プレゼントが届いた。

キップレザーのトートバッグを頂いた。キップなので柔らかく、重くない。
サイズは32×47×9でやや大きめのサイズ。僕は何かと荷物が多いので丁度いい。
持ち手も少し長く、中の物が取り出しやすくなっている。
シンプルなデザインなので、コーディネートを選ばず使えそうな点も評価が高いです。

IMG_0940.jpg

IMG_0941.jpg
中はチャック付きのポケットが1つ、小さめのポケットが2つ付いている。
スマホやiPodを入れるにはピッタリ。

写真

ブランドはSTUDIOUSという所で、TOKYOブランドのみをセレクトしており、自社製品もMADE IN JAPANに拘って作っている。
大手セレクトショップでは自社製品が半分以上を占めるのに対して、ここはセレクト品が7割、自社製品が3割程とセレクトショップ本来の姿を保っている数少ないショップである。
このブランドだけはMADE IN JAPANに拘り続けて物を作っていって欲しいと思う。

次は自分から自分への誕生日プレゼントでも買いたいものです。

Category : バッグ
Posted by リョウ on  | 0 comments 

Saphir Noir クレム1925の実力

皆さんは靴クリームは何を使っているのでしょうか?
僕は今までモゥブレィを使っていましたが、ケアの本を読んでいるとサフィールが絶賛されているのを見かけます。
そんなにいいなら・・・と僕も買ってみました。(アマゾンのポイントが1000円分あったので、半額で買えました。)



81AQ_convert_20150112233907.jpg

<ケア前>
土日ガッツリ履いて、少しお疲れのフローシャイム。
IMG_0929.jpg

IMG_0931.jpg


<ケア後>
IMG_0934.jpg

IMG_0937.jpg

IMG_0938.jpg

いかがでしょう?かなり艶が出て、綺麗になりました!
実際に見ると一目瞭然。本で職人さん方に絶賛される理由が分かりました!
塗っている時は、いつものモゥブレィと大差ないじゃないかと思っていました、5分乾かした後(瓶に5分乾かせと書いてある)に拭き上げると、拭いた所からピカピカに!補色もかなりしてくれています!
これはケアが楽しくなるクリームです。

サフィールは乳化性ではなく、油性?なんですよね。水を混ぜずに靴クリームを作るのが難しいとかなんとか・・・東急ハンズで靴磨きをしていたサフィールの人が言っていました。
あぁ、なんて素晴らしいんだサフィール。茶色と黒も欲しくなってしまいました。
革靴はケア製品にも拘れるのが素敵ですよね。ますます革靴が好きになりました。


そして誕生日が近いのでプレゼントを頂きました!
届くのが楽しみです・・・。
写真

Category : シューケア
Posted by リョウ on  | 2 comments 

財布について

今回は使っている財布の紹介です。

今使っているのは「GANZO CORDOVAN wgan57192」です。

10440683_497058277095389_2861449619700343107_n.jpg

04271128_4db77f6511a23.jpg
コバの処理が本当に綺麗です。

04271127_4db77f004c8d3.jpg

この財布の前はアパレルブランドの1万円くらいの長財布を使っていました。
見た目にもかなりボロがきていたし、奮発していいもの買おう!と思いました。
今回は「国産」「最低でも5年は使えるもの」この2点に要点を絞って探しました。
探しだしたら、出てくる出てくるブランドの数々・・・・最後の最後まで本当に悩まされました(笑)
最後まで候補に上がっていたのは、万双、CYPRISでしたね。

これの決め手となったのは実際に手にとった時の質感ですね。今までに触ったことのないしっとりとした革、輝きのあるコードバン、内側のヌメ革が経年変化が出て面白そう、と触った瞬間にコレだ!と思い購入しました。

実際に半年程使ってみて、使いやすく、コードバンという事で輝きもあって良い物使ってるな~とニヤニヤしてしまう瞬間があります(笑)
薄いのでスーツのジャケットの内ポケットにも入りますし、これからますます重宝しそうです。

GANZOのコードバンは新喜皮革の物を使用しているようです。
他のラインナップをみるとホーウィンのコードバンを使っている物もあるようですね(高くて手が出ない)。
日本のコードバンを日本の職人が手を施しているっていいですよね。

次回は小銭入れについてでも。
小銭入れはややポップな物を使っています。(こちらは栃木レザー)


Category : 財布
Posted by リョウ on  | 6 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。