リョウのブログ | 名古屋在住の20代男です。革靴、革製品、ファッションについて色々書いていこうと思います。お気軽にコメントよろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by リョウ on  | 

卒業

先日、大学を卒業しました!
4年間というのは、入学するときは長いかな?と思っていましたが、振り返ってみると短かったなと思います。
これから社会人生活がスタートします。研修が2週間大阪であり、ホテルに缶詰になりながら研修を受けてきます(笑)
これから更新頻度は下がってしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。

卒業式当日はお気に入りのJ&Mを履いて行きました。
やっぱりこの靴を履くとテンションが上り、気が引き締まります。皆さんにもこういう靴があるのではないでしょうか?
DSC_0977.jpg

私服ではALDOを履く機会が増えてきました。暖かくなってきて、足元に明るいカラーをいれたくなってきました。
茶の外羽根ロングウイングは使いやすいですね、ジーンズからチノまで合わせられます。
DSC_0982.jpeg


さて、卒業式が終わり、本当に最期の春休みを満喫しており、いつもはあまり飲まないお酒をチビチビと飲んでいます。
家で飲む時は決まって何かつまみを作ります。
DSC_1005.jpeg
今日はチャーシューを作り、飲むお酒に合わせてツマミを変えています。(料理は好きなので、全く苦になりません。)
ワインならアヒージョやチーズ系、ウイスキーならチョコ、日本酒なら魚系・・・とコーディネートを考えるようでとても楽しいです。
これからも時間を見つけてツマミを作りながらお酒も楽しんでいきたいと思います。

スポンサーサイト
Category : 雑記
Posted by リョウ on  | 2 comments 

TSUMORI CHISATO チャッカブーツ

shoplogo.jpg

今回はツモリチサトのチャッカブーツを紹介します。
もっと早く紹介したかったのですが、後回しになってしまいました。

まず、ツモリチサトとは、日本のファッションデザイナーの津森千里が1990年に立ち上げたファッションブランドです。主に成人女性を対象とし、モードブランドとしてパリコレクションに商品を出展している。販売代理店はイッセイミヤケ系列のA-net(エイ・ネット)です。これは元々津森千里がイッセイミヤケでデザイナーとして働いていた事からの繋がりです。
ブランドコンセプトは、「デザイナー津森千里が好きなもの、興味のある事を、自由な発想で素直に表現したブランド。ガーリーでセクシー、大人のためのファンタジーがあふれる、ハッピーなテイストを提案していきます」。とコンセプトにあるように個性的なデザインや配色の物が多いです。



では、靴の紹介をします。
DSC_0954.jpg
ウイングチップでセミブローグとなっており、メダリオンも入っていないのでドレス過ぎずカジュアル過ぎずという感じです。
革が持っている靴の中で一番柔らかく、履いていて痛い思いをした事は一度もありません。

DSC_0957.jpg
チャッカブーツではあまり見ない、4アイレットなのでホールド感も良いです。

DSC_0956.jpg

ソールはラバーソールで、クレープソールよりも硬い印象です。クレープソールよりも減りが遅く、約2年履いていますが、踵は6割くらい残っています。

DSC_0955_2015022422175674e.jpg

踵の配色が緑で、茶・焦げ茶・緑の配色になっています。
この配色が女性に刺さるようで、僕の持っている靴の中で一番女性から「その靴、可愛い!」と言われます(笑)

この靴は名古屋のKindで購入しました。名古屋のKindは革靴の取り扱いが豊富で、変わったものもよく見かけます。
例えば、別注のTrickersでプレーントゥのドレスシューズがあったり(サイズが7だったので見逃しました・・・・)。
以前の記事でも書いたように、名古屋では良い古靴と出会える場が無いので、このKindは個人的に重宝しています。

以前まではメインシューズとして活躍してきた靴ですが、所有する靴も増え、最近では雨靴になっています。
しっかりと防水スプレーを振って履いています。革も丈夫なのでしょうか、かなり雑に使ってもくたびれてきません。
最近、雨の日が続きコイツばかり履いていたので紹介しようと思いました。

次はセカイモン経由で購入した「J&Mの悲劇!?」について書こうと思います。

Category : ブーツ
Posted by リョウ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。