リョウのブログ | 名古屋在住の20代男です。革靴、革製品、ファッションについて色々書いていこうと思います。お気軽にコメントよろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by リョウ on  | 

フットプリントと磨き

こんにちわ。

今回は自分の足の形についてです。

先日、moraleさんに行った時にフットプリントを取ってもらいました。

フットプリント

僕の足の形はこんな感じです。
色が濃くなっている部分が体重が乗っている部分です。

フットプリント-2

僕の場合は赤い丸を付けた部分に体重が乗っています。
踵に体重が乗るのは、革靴を履いている人の特徴のようです。


あまり良くないのが、足の側面に体重が乗っている事。
もう少し内側に体重がかかるように歩かないといけません。
そんな時に活躍するのが、この前のWright。
履いている内に矯正されてくるはずです。
また何年後にフットプリントを取ってみて、治っているかどうかをチェックしてみたいと思います。
中々自分の足の形を見れる機会はないので、オーダーする時くらいでしょうか? 良い機会だったと思います。

では、話はかわってサフィールのポリッシュを買ってきました。

DSC_1569.jpg

先日買ってきた2足とアリストをグリセリン保湿をして・・・・。

11742643_639333932867822_6739960876426004431_n_20150726150107ff9.jpg

いかかでございましょうか?!
かなりピカピカに仕上がりました!
サフィールは良く光ります。
DSC_1558.jpg

DSC_1556_2015072615112754c.jpg

黒光りって綺麗ですね・・・。
こうやって光らせるのが靴磨きの楽しみですよね。
早速、アリストを会社に履いていきました。やっぱり磨き上げた靴を履いていくとテンションが上ります。

WrightやBassのペアの写真がなかったので、上げておきます。

Bass
DSC_1560.jpg

レザーソールはシングルで伏せ縫い。
DSC_1562.jpg

Wright
調べてみると、このWrightはレギュラーライン。
ただ矯正靴,オーダー靴のようなので、モデル名もつかなかったのかもしれません。
通常のレギュラーラインに比べるとコバの張り出しも少ないです。
Bワイズに加えて、コバの張り出しが少ないのでスッキリした見た目です。

Wrightの年代判別もしたいです。
どなたか知っている方がいれば、情報をお願いしたいです。
DSC_1563.jpg

インソールはグレーの革が貼ってあり、前オーナーの足跡もほぼついていません。
DSC_1567.jpg

やっぱり革靴は楽しいですね。
どんどん買って、調べて知識を広げていきたいです。

スポンサーサイト

Category : 雑記
Posted by リョウ on  | 4 comments 

-4 Comments

なおけんた says...""
黒の靴は磨き上げるとカッコいいですよね。
私は基本的には茶靴が好きだったんですが,最近,黒靴の良さがやっとわかってきたみたいです。

ところで,Wrightについてですが,
リョウさんの個体はインソールに縫いが見られますよね。
私も同じ縫いをFoot So Port で見たことがあります。
この縫いを見て「ん?マッケイ縫いか?」と思ったことがあったんです。
またはコバに縫い目があるので,ブラックラピド製法なのかとも思いました。

ところが,これはまぎれもなくグッドイヤー製法なのだそうです。
じゃあ,なんでインソールに縫い目があるのかというと・・・・・,
グッドイヤーウェルト製法で重要なパーツとなる「リブ」テープを,インソールに糸で縫いつけているのだそうです。
(福岡の有名な靴リペア店の店長が言ってました)
一般的なグッドイヤーでは,リブテープは接着剤で張り付けるだけです。個体によっては,リブテープが剥がれるものもあるそうです。
しかし,FSP やWRIGHT は,縫っている分剥がれにくいと思います。
こういうところでも手間がかかっています。
良い靴なんですね。
2015.07.27 14:30 | URL | #l18yNLao [edit]
リョウ says...""
なおけんたさん>
なおけんたさんというと茶靴のイメージが僕の中で勝手についていますが、黒靴もいくつかお持ちですもんね。
是非磨いてみて下さい。
逆に僕は茶色系が少ないので、これから増やしていこうと思っています。
やっぱり夏は茶色の革靴の出番も多いですからね!

そこは僕も気になっていた所だったんです!
明らかにグッドイヤーウェルトなのに縫いがある・・・??と思っていました。
FSPとも同じとなるとテンションが上りますねぇ・・・良い靴に巡り合えました。

2015.07.31 00:19 | URL | #- [edit]
europeanblend says...""
こんばんは。
遅くなりましたが、リンク張らせて頂きました。
今後ともよろしくお願いします。

Wrightの年代判別ですが、手持ちの箱付きデッドのうち、7足には購入メモがあり、
購入日が記載されていました。当然ながら、製造日は購入日以前ですので、その辺をふまえて内部表記に製造年月が記されてないかを探してみたのですが、現在までのところ見つけられず。。。
大体のアメリカ靴には、フローシャイムやFSP、オールデンのように、どこかに製造年月が入っているのですが、たまにこんなメーカーがあり、そうなるとレシートだけが頼りになります。
私の80年購入分のライトには“Crafted in the USA”の文字は入っていない(もちろんそれ以前も)ので、
普通に考えれば、この表記があるモノは80年以降と現状考えています。


2015.08.14 00:33 | URL | #- [edit]
リョウ says...""
europeanblend さん>
こんばんわ。リンクありがとうござました。
これからもよろしくお願いします。

詳細な情報ありがとうございます。
europeanblend さんはWrightも沢山お持ちなんですね・・・羨ましいです(笑)
まだまだ大まかな判別しか出来ないようなので、皆さんで情報を共有して突き詰めていきましょう!
2015.08.17 21:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。